物産展.com Yahoo!店

石川県輪島市

<観光スポット>
○朝市
1000年以上も前から続く輪島の朝市。この歴史の中で売る者と買う者との心の触れ合いが生まれてきました。 売る者も女、買う者も女の朝市。町の一日は、朝市の「買うてくだぁー」の呼び声から始まります。 野菜などは周辺農家のおばちゃんが、活きのいい魚貝や海草は漁師町の女衆が売りに出ます。
○白米千枚田
千枚田は国道249号線沿いの輪島と曽々木の中間辺りに位置し、小さな田が幾何学模様を描いて海岸まで続いています。田の枚数は国指定部分で1,004枚もあります。春から夏には海に沈む夕日が田に映えて美しく絶好の撮影ポイントとなります。
○鳴き砂の浜
砂の上を裸足で歩くと「キュッキュッ」と音がする泣き砂の浜として有名な琴ヶ浜(コトガハマ)です。泣き砂は全国でも20ヶ所余りしかありません。夕暮れには、水平線に沈む夕陽が空と海を赤く染め、幻想的な光景が広がります。2003年に海水浴場として整備され、奥能登の夏を満喫できる新しい名所となっています。
○曹洞宗大本山 總持寺祖院
1321年(元享元年)に瑩山禅師が開き、永平寺と並ぶ曹洞宗の修行寺として栄えてきました。その後、1898年(明治31年)の大火で多くを焼失し、本山は神奈川県の鶴見へと移されました。現在では、祖院として、大本山のおもかげを偲ばせる幽玄な寺院となっています。焼失を免れた経蔵、伝燈院、慈雲閣などが境内に佇み、また、七堂伽藍も再建され、威厳と風格を今に伝えています。

<特産品>
○輪島塗
重要無形文化財として世界にも知られ、千年の技を伝える輪島塗。輪島市に輪島塗が発達したのは、原材料の「けやき」「あて」「うるしの木」等が豊富にあったことからです。輪島産の珪藻土からできる「地の粉」を下地に混ぜたり、木口に麻布を張り付けたり、独自の工法で完成まで20工程100以上もの手数をかけています。その技は今も若い世代に引き継がれています。


お店を探す~地方のお店検索
地域 > 石川県輪島市






お店一覧


全3件中:1-3件
         

柚餅子総本家 中浦屋 わいち本店

所在地:石川県
《主な取り扱い商品》 丸柚餅子





輪島海房やまぐち

所在地:石川県
《主な取り扱い商品》 輪島産のどぐろ一夜干、輪島産甘鯛一夜干





栄煎堂

所在地:石川県
《主な取り扱い商品》 ピーナッツ、昆布せんべい、しおせんべい





全3件中:1-3件
         


お店を探す~地方のお店検索
地域 > 石川県輪島市